web広告 【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】 陽ン家のいい加減な家訓 (第197回):「たとえ、その右手が血に染まろうとも、前を見ろ」
07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09
≪ ADMIN MENU ≫ * Image * Writes *   -BLOG-
【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】
【喫茶 対極堂】 生きる事は闘う事。魂の弾丸を胸に装填セヨ。
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽ン家のいい加減な家訓 (第197回):「たとえ、その右手が血に染まろうとも、前を見ろ」 
2006/06/24 ( Sat ) 23:24:39
恐怖が場を支配する<挨拶


昔話を。



高校時代、実は通り魔に襲われた事がある。



ちょいとした用事で帰宅が遅くなり、駅裏の駐輪所まで僕は急いだ。

道は暗く街灯が「じじじ…」と不気味な音をたてて点滅を続ける。

この頃からヤなガキだったので、恐らく聞いたら腹の立つ溜息なんぞ吐きながら道を歩てた。


ふと気づくと前方、30m~40mくらいの位置にパジャマの男が立っていた。



本能的に「ヤバい」と察知した僕は警戒しながら進んだ。


男はにやにやしながらこっちを見てる。


あー…見てるな、こりゃ……。



…10m。




「ああーーーーーーー!!!!!」


「!」


この時が初めて"無作為に俺が選ばれた瞬間"だったのかもしれない。


――――――早いッ!



ナイフかカッターみたいな刃物で切りかかられた



痛ッ!


まさか刃物が出てくるとは思いもしなかった。



…右手小指が紅に染まる。




「やっばいな…こりゃどうも・・・」


―――愚痴る。



相手を見る。



―――…あー…目がイってやがる…。


…どうする?


--------------
□Yan
 コマンド?
→たたかう
→はものをはじく
→たすけをよぶ
→にげる



あー…周り見回しても誰もいねーや…。






左手にカバンを持ち替えて、刃物をはじく。

「ぴりぴりぴり…」


カバンが裂けた音をたてて刃物をはじく。

新品のカバンだったから半分涙目だ。



はじかれた刃物を追って、そいつは身を引く。



…あー。



きられた右手にチカラと勇気を添えて。

気を失わせて、ソイツの片足引き摺って派出所に持っていく



事情聴取を受ける。

書類に一折書きとめる。


一応、怪我の治療費は出た。



もう怖い思いはこりごりだ、って思ったあの日。



今でも右手小指には抉られた痕が残ってます。







060617_1702~0001.jpg
[しいたけ]


おてんとうさまのチカラでしいたけは美味しくなる(漢の、美学。)

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

Template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。