web広告 【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】 電化製品_マルチカードリーダ [USB2.0]
09<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11
≪ ADMIN MENU ≫ * Image * Writes *   -BLOG-
【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】
【喫茶 対極堂】 生きる事は闘う事。魂の弾丸を胸に装填セヨ。
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電化製品_マルチカードリーダ [USB2.0] 
2006/06/11 ( Sun ) 21:21:50
060611_1350~0001.jpg
[USB2.0マルチカードリーダ]


仕事場で使うために購入。

某ヨドバシカメラが会社の近くにあるので、そこで購入。

とりあえず、仕事場で使うが自分だけが使う目的なので、
会社から…って話ではない。念のため。

ぶっちゃけ読み込めればどれでも良かったのだが、
メーカとして結構好きなサンワサプライをチョイス。


写真を見ていただければわかるのだが、

金属部分がひしゃげてる

何でかというと、会社の人が引っ張ったらひしゃげた

…どんな握力?


回路自体に問題はないので、このまま使うことに。

たまにしか使わないから特に問題なし。




メーカーサイト:サンワサプライ

型番:ADR-MLT11SV


・以下サイトより仕様と性能。



■インターフェイス規格:USB仕様 Ver2.0準拠(USB Ver1.1上位互換)
■スロット:
スマートメディア・xDピクチャーカード対応スロット(3.3V)×1
コンパクトフラッシュ専用スロット(TypeII)×1
メモリースティック専用スロット×1
SDメモリーカード・マルチメディアカード対応スロット×1
■消費電流:
動作時/400mA(MAX)
スタンバイ時/100mA
■環境条件(温度):
動作時/0℃~50℃
保管時/-20℃~60℃
■サイズ:W87×D52.5×H15mm(ケーブル除く)
■重量:60g
■ケーブル長:1m(±5mm)

■対応OS:
Windows XP、2000(SP3以降)、Me
Mac OS X(10.1.2・10.1.3・10.1.5・10.2~10.2.8・10.3~10.4)
■対応機種:
DOS/V(Windows搭載)パソコン
Apple Macintosh ※標準でUSBポートをもつ機種。
■対応メディア:
4~128MBまでのスマートメディア(3.3V)
16~512MBまでのxDピクチャーカード
1GBまでのxDピクチャーカード(Type M)
1GBまでのxDピクチャーカード(Type H)
2GBまでのコンパクトフラッシュ
4GBまでのマイクロドライブ
2GBまでのメモリースティックPRO(High Speedを含む)
2GBまでのメモリースティックPRO Duo(High Speedを含む)
128MBまでのメモリースティック
128MBまでのメモリースティック Duo
128MBまでのマルチメディアカード
256MBまでのRS-MMCカード
1GBまでのSDメモリーカード
2GBまでのSDメモリーカード(物理規格 Ver.1.1準拠)
1GBまでのminiSDカード
128MBまでのT-Flash(micro SD)カード(別途専用のアダプタが必要です。)
※全てのメディアを同時に読むことはできません。
※スマートメディアのID機能には対応していません。
※マイクロドライブは消費電力が大きいため、接続パソコン、USBハブなどによっては、供給電力不足により使用できない場合があります。
※メモリースティックの著作権保護されたデータには対応していません。
※SDメモリーカードの著作権保護機能には対応していません。
※スタンバイ・休止・スリープ機能には対応していません。
※全てのパソコン、メモリカードで動作を保証するものではありません。




↑ 励みになります。
スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 【陽兄さんの華麗なるアウトサイド】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

Template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。